自動車

好きな自動車たち〜シトロエンC5&シトロエンDS3カブリオ・スポーツシック

更新日:

最もシトロエンらしいシトロエン~シトロエンC5

photo by RL GNZLZ

 

現時点で新車で買えるシトロエンの中で、一番魅力的に感じる車種がC5です。同社の現在の主力は、より世代の新しいDSシリーズに移っていますが、旧世代に属するC5にはこれならではの魅力があるからです。それは、何と言っても、シトロエンが以前から得意としてきた油圧による「ハイドラクティブサスペンション」を装備する事です。金属スプリングが進化した現在、油圧サスペンションのアドバンテージはかつて程ではなくなっているとも言われますが、それでも独創的なメカニズムを備える事自体に魅力を感じます。フラッグシップモデルだったC6なき今、ハイドラクティブの味を堪能出来る唯一の車種がこのC5なのですから、「絶滅危惧種」の非常に稀少な存在と言えます。

それと、大きなボディを小さなエンジンで走らせるというコンセプトも、DSやCXの時代からの受け継ぐトロエンらしい個性であり、この面でも魅力を感じます。C5のボディサイズは、メルセデスで言えばEクラスに迫るものですが、その大きな車体を僅か1.6Lのエンジンで走らせるという事に、フランスらしい合理性を感じます。デザイン面では、再度シトロエンらしいアイデンディティを追求し始めたDSシリーズとは異なり、ドイツ車を意識したやや没個性的なものになっています。

しかし、薄味の長続きではありませんが、長く乗るには飽きの来ないデザインであるとも言えます。もし自分が実際に購入するとすれば、大きな荷物を積む機会は少ないので、セダンの方を選びます。グレードは、パノラミックルーフを備える上級グレード、エクスクルーシブにします。およそ450万円の価格は、内容に比して十分にリーズナブルであると考えます。

 

魅力溢れる個性派カブリオレ~シトロエンDS3カブリオ・スポーツシック

photo by The NRMA

 

一時期は「らしくない」平凡なデザインの車をリリースしていたシトロエンですが、最近は油圧サスペンションこそ採用しないものの、個性的なデザインの車を次々と登場させています。DS3もそうした個性豊かな車種のひとつですが、殊に先般デビューしたカブリオはユニークで一層魅力的です。特徴的なサイドビューをそのまま残す為、フルオープン仕様にせず、屋根だけが開くセミオープン仕様にしたという拘りのカブリオになっています。確かに、あの独特のサイドウィンドウのデザインはDS3の生命線とも言えるものなので、オープンにしてもそこの部分が残るようにしたのは理解出来ます。

反面、フルオープンならではの開放感を求める事は出来ませんが、それでも屋根が大きく開く仕様は単なるスライディングルーフ以上の開放感があるので、それなりに価値のあるものです。因みに、リアウィンドウまで畳めるようになっているので、丁度フィアット500Cと同じ仕様です。この方式は、フルオープン仕様のようなボディ補強を施さずに済むので、車両重量の増加が最小限で済むのがメリットです。

エンジンは、シトロエン/プジョー車によく採用される1.6Lターボで、156馬力の出力と240Nmのトルクは、このクラスとして平均的なスペックです。しかし、車両重量が1.2トン程と軽いので、0-100kmまでの加速は7.4秒と十分過ぎる瞬足の持ち主です。DS3カブリオ・スポーツシックは、ファニーなエクステリア・デザインと適度な開放感、そしてホットハッチを名乗れる性能を併せ持った、運転が楽しくなりそうな車と言えるでしょう。

-自動車

Copyright© 枚方で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.